脱毛の種類には大きく分けて脱毛サロンで実施される光脱毛とクリニックで実施される医療レーザー脱毛があります。ここでは、医療レーザー脱毛を行うことのメリットとデメリットについてご紹介します。

医療レーザー脱毛のメリット

メリットとしてまず脱毛効果が高いことが挙げられます。医療レーザー脱毛は、毛の黒色に反応する波長のレーザーを照射することで毛根の組織を破壊するというものです。

一度毛根が破壊された箇所からは新たに毛が生えてくることはないので脱毛効果が高いと言われています。基本的に黒い部分にしか反応しないので周りの皮膚を傷つけたりする可能性は低いですが、万が一皮膚に異常が出たとしてもクリニックなので医師がすぐそばにいることも安心できます。

また通う頻度も脱毛サロンよりも少ない回数ですみます。クリニックで使用されるマシンは脱毛サロンのものよりも出力が高いのでより早く効果を実感することができることから、忙しい方でも最後まで通うことができます。

腋の脱毛をしてもらっている女性

医療レーザー脱毛のデメリット

デメリットとしては脱毛サロンよりも値段が高いことが挙げられます。脱毛サロンはキャンペーンをやっていたりして低価格で施術を受けられますが、クリニックで使用する機械は脱毛サロンのものとは異なり永久的な脱毛効果を期待できるものなので、脱毛サロンよりも料金が高くなってしまうのです。

また施術時に痛みを感じることがあります。医療レーザー脱毛は出力が強いマシンを使っているので毛根を破壊するときにチクチクと痛みが出る場合があります。

これはひとによって個人差が大きく、痛みに耐えられない方は麻酔でやわらげることもできます。医療レーザー脱毛のメリットとデメリットをいくつか挙げましたが、『脱毛』という行為に対して漠然とした不安感を持っている方もいます。

そういう方には医師が常駐しているクリニックならば万が一のときもすぐ対応してくれるので医療レーザー脱毛をおすすめします。

メンズ脱毛おすすめ:http://rayrole.jp/